インパナトーレ事業
インパナトーレ事業

インパナトーレの考え方

インパナトーレ(Impannatore)とはイタリアの織物産地などで活躍するコーディネーターを指します。すなわち、自らの企画機能を最大限に生かして、テキスタイルとアパレルの橋渡しをおこない、糸から染め、織りまで工程ごとに最適なメーカーを選んでコーディネートする役割を担います。

イタリアが一貫して世界をリードするテキスタイルやファッションを生み出してきた要因の一つとも指摘され、このインパナトーレという存在なくしてイタリアの繊維産業は語れないと言われます。それがすぐれているのは、それぞれの工程で高い技術やノウハウを選んで組み合わせることでそれまでは難しかった新しい素材や斬新な企画が可能になることであり、すべてが勝者になり得るという「オールウィン」が実現します。

単独では困難な企画が、複数企業のコラボレーションによって具現化しやすくなるのであり、その中核的な存在としてコーディネートするのがインパナトーレ。みづほ興業のインパナ事業は、そうしたインパナトーレの役割をここ日本において担います。

インパナトーレ事業
Copyright(c)2019 Mizuho Kogyo Co.,Ltd. All Rights Reserved.